vbマイグレーションを行いたいアプリケーション

企業で利用する各種アプリケーションは基幹システムから部署で利用する小型のものまで多数ありますが、WindowsXP世代のVisualBasicはとても使い勝手が良かったこともあり、多数の企業で導入されていました。
しかし、XPのサポート終了に合わせてVB6もサポートが終了、新バージョンへの書き換えもしくは他の言語へのコンバートが求められています。
多くの企業では開発要員がいる場合はVBの新バージョンへの書き換えを行い、居ない場合はvbマイグレーションサービスを提供する企業に協力を求めるケースが多いようですが、アプリケーションすべてをコンバートすることはないようです。



vbマイグレーションを行っても残したいアプリケーションは主に2パターンに分けられます。

1つはデータが重要である場合です。

vbマイグレーションは過去の資産を継承する意味もあり、企業のデータを作ってきた、もしくはビュワーとして利用されてきたアプリケーションについてはvbマイグレーションを行うことが多いようです。2つ目は他の言語へのコンバートが難しいアプリケーションです。

vb マイグレーションの新しい情報です。

ウェブアプリに変換して利用を続けるケースも多いのですが、VisualBasicの機能を使っているためにコンバートできにないアプリケーションがあります。

しかも、毎日の業務で利用しているようなアプリケーションの場合はvbマイグレーションを行ってVBの新しいバージョンへの以降を検討することが多いようです。

Ameba News関連情報サイトです。